2010年05月19日

口ではなんとでも言える

HSUSの8か月に及ぶ調査が明らかにした真実



実際の店舗で消費者からの質問に店側はどんな風に答えているのか
嘘の数々・・・
口ではなんとでも言える
"All Petlands have a very aggressive policy about reputable breeders..."
"They are spot-checked. The are visited by corporate staff as well as franchisees across the country"
"We have very very high standards for our breeders"




口ではなんとでも言える
それを素直に信じてそこで買ってしまうことは
この状況を許してしまうこと
この状況を存続させてしまうこと



アメリカだけではなく日本も同様の状況が放置されているのが現実ですから
どうしても子犬が欲しい場合、
大切なのは自分の目で確かめること・・・

どんな環境で親犬たちが暮らしているのか
どんな環境で子犬が産まれているのか
どんな環境で親犬や兄弟犬と過ごしているのか
生後8週齢未満で親犬と兄弟犬から引き離していないか
子犬に何キロの輸送を強いているのか
etc.



アメリカでは5月17日月曜日10 p.m.に
人気番組"アニマルプラネット"で
“Animal Planet Investigates: Petland”
http://hsus.typepad.com/wayne/2010/05/animal-planet-petland.html
という特別番組が新たに放映されたそうですね
たくさんの方が現実に気づいてくれたことでしょう



garden2.jpg


「もっともっと」と子犬を大量に供給する子犬工場
なぜ?

無責任な飼い主に捨てられ、収容所で処分されているたくさんの命
迎えてくれるお家があれば・・・


「次にお家にわんちゃんを迎える時は保護犬を」と考えてくださる方が増えますように・・・




garden3.jpg
ニックネーム margaret at 00:00| 動物福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする